代理人とは

home


 私たちがまとめた意見を直接議会で代弁する人、だから代理人と呼びます。

 今まで私たちは、投票日にしか直接政治に関わることができませんでした。他に暮らしの問題を解決するために、請願や陳情という方法もありますが、実際に何年もやってみて、紹介議員を探すことに苦労したり、請願は採択されたものの、実効性が低い・求めたようには変わらない現実も経験しました。ですから、私たちの手で、取手のまちづくりを進めるために、意見をまとめ、代理人を通して議会に提案していきます。

 あくまでも「代理人」。私たちの「代表」ではありませんし、「先生」や「職業議員」でもありません。私たちの意見や提案を議会で代弁する、取手で普通に暮らす仲間です。下記のルールのもとに代理人運動を進めています。


代理人3つのルール



1.議員はローテーション

  原則2期8年で交代し、職業化・特権化しません。

2.議員報酬は市民の活動費

  議員報酬はネットの活動費と代理人活動費に配分。情報は全て公開します。

3.選挙はすべて手作りで

  市民のための政治は市民参加の選挙から。選挙は市民のカンパとボランティアで行ないます。


わたしたちの代理人

取手市議会議員(令和2年2月15日 )


      
  
 
 根岸ゆみこ のプロフィール
 
生年月日  1970年1月6日
家族構成  夫 子ども2人
主な活動歴  H23〜24 たすけあいワーカーズ杜のポケット代表
 H24〜28 生活クラブ生協茨城理事
 H24〜26年度 宮和田小学校PTA副会長
 H30年度 宮和田中地区市政協力員
 H29〜R1 とりで生活者ネットワーク代表
趣味  ピアノ 登山
好きな作曲家  J.Sバッハ
好きな本  守り人シリーズ(上橋菜穂子著)
好きな花  桜
好きな色  藍色
好きな言葉  過去と他人は変えられないが未来と自分は変えられる
好きな曲  Superflyの「beautiful」
 目指すこと 子どもの人権を守ることが最優先事項。明るい未来を手渡せるよう、よりよい教育環境、就労環境の獲得を目指す。
誰もが、尊重され大事にされる社会を目指す。
普通に暮らす生活者の想いと、行政の考えとのギャップを埋めるためのパイプ役を果たす。
現状の市議、議会、政治の既成概念に一石を投じる。


top